スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

とても小さな島国で、大海原に守られていた私は旅に出ました。
たどり着いた陸つづきの広大な土地でひとり。
不安に駆られて今来た道を確認し続けます。
遠くの足跡はもう既に見えなくなってしまいます。

人の心や世界の流れは流動的なものでとどまる事が無く、変化し続けて形を変える。
わたしはその中のほんのわずかな概念に固執していました。
全く変わらない、変わってはいけないことだと思い込んでいました。
その矛盾からくる摩擦で焦げ付きそうになりました。

わたしは画面に筆を走らせます。
わたしは、自分のなかの内向的な情景を写し出すのです。
海に残された異物を取り除くように。
わかってもらわなくてもいい。
そこに定まった意味はありません。

わたし自身もこの絵も、流動的でとどまっていられない。
旅は終わらないものなのです。

スポンサーサイト

2014.10.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

プロフィール

tomomi

Author:tomomi
木下知美

女子美術大学短期大学部を卒業後、
長野県飯田市を拠点にし
銅版画、ペン画の制作活動をしています。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。